管理栄養士のダイエットブログ。食事、運動、口コミで人気のサプリメント > 運動前後に摂る栄養素はタンパク質だけではNG
2015年09月16日

運動前後に摂る栄養素はタンパク質だけではNG

ダイエット中の方、健康の為に運動をしている方、筋肉トレーニングをしている方、運動前後にタンパク質を摂る重要性はご存じだと思います。

しかし、運動前後に摂る栄養素は、運動の目的によって、その内容や摂取のタイミングが異なります。




運動後には>

無酸素運動のような筋肉トレーニングの効果を最大にする為には、肉、魚、卵、豆腐などのタンパク質を適度に摂取する必要があります。

しかし、食品でタンパク質の摂取量を増やそうとすると、一緒に含まれている脂質も摂取してエネルギーオーバーになる事があるので要注意です。

特にダイエット中の方は。

サプリメントのプロテインは効率よくタンパク質を摂取できるので上手に取り入れてみるののもお勧めです。

ただし、サプリメントのプロテインには、運動後のエネルギー補給も同時に行う目的で糖質も多く含んでいる事があるので、購入の際に栄養素をチェックしましょう。

当然、摂り過ぎてしまえば余った分は体脂肪となり蓄積されてしまうので、ダイエット中の方は適切な摂取量を把握する必要があります。

また、使った筋肉の修復はトレーニングの直後から行われるので、そのタンパク質の摂取はトレーニング後30分以内が効果的です。

さらに、運動後に適度に炭水化物を摂る事は、消耗したエネルギー源を補給し疲労回復する目的も含まれています。

他の栄養素として、エネルギー消費で使われたビタミンや発汗で失われたミネラルの補給も重要です。




運動前には>

運動前に食事をする時は、運動を始める1〜2時間前が良いと言われています。

それは食後は消化器官に血液が集中するからです。

消化・吸収の為に胃腸はたくさんの血液が必要となりますが、運動をすると大量の血液が筋肉に流れていくため、胃腸に負担がかかってしまう事があるからです。

ダイエットの為に、有酸素運動をしている方は多いですよね。

運動強度が高いほど筋肉や心臓への血液量が増え、胃腸など消化器系への血液量が減ってしまいますが、有酸素運動である軽いウォーキングやジョギングであれば、そこまで時間を空ける必要はありません。

有酸素運動を始める1〜2時間前の食事は、ご飯やパンなどの炭水化物は欠かせません。

あらかじめ炭水化物を摂取する事で、運動中に必要なエネルギーを補給でき、エネルギー不足による筋肉からのタンパク質分解を防いでくれます。




<起床後に運動する場合>

起床後に運動をする場合は、散歩程度の軽い運動か、朝食後に時間が経ってから行うのがベターです。

起床後は低血糖状態でエネルギーが枯渇していますので、飴などの糖分をとって行うようにすると良いでしょう。

エネルギーとなる糖分が少ないため、脂肪がエネルギーとして使われやすいのでダイエットには向いているかもしれませんが、高齢者には注意が必要です。


タグ:栄養学
少しでもお役に立ちましたら、応援クリックお願いいたします


健康ダイエット ブログランキングへ健康食品・サプリメント ブログランキングへ
posted by パッキャオ at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。