管理栄養士のダイエットブログ。食事、運動、口コミで人気のサプリメント > 炭水化物ダイエットや低インシュリンダイエットに効果的なサプリメント
2015年05月18日

炭水化物ダイエットや低インシュリンダイエットに効果的なサプリメント

ブログや口コミで効果的に痩せると人気の炭水化物ダイエット(糖質制限ダイエット)。

方法は炭水化物や糖質の摂取量を控えて、余分な糖が脂肪へ変換するのを防ぎます。

また、低インシュリンダイエットは、血糖値の上昇度を数値にしたGI値の低い食品を食べる事により、血糖値の急上昇を抑え、太りにくい体質にしていくものです。

そんな、炭水化物ダイエット(糖質制限ダイエット)や低インシュリンダイエットに効果的なサプリメント「えん麦のちから」を紹介します。


えん麦.jpg


<そもそも「えん麦」とは?>

まず「えんむぎ」ではなく「えんばく」と言います。

別名では「オート麦」や「オーツ麦」、「カラスムギ」とも言われています。

管理栄養士としても注目の栄養素は食物繊維の量です。

100g当たり食物繊維9.4gも含まれているのです。

これは、食物繊維の多いと言われている玄米の9倍という驚くべき量で、ダイエットで陥りがちな「便秘」の解消にも効果的です。

さらに、ミネラルや良質な油として話題の不飽和脂肪酸、たんぱく質も含まれているので、栄養価の優れた食品です。




<今、人気急上昇中>
「えん麦」はまだまだ馴染みのない素材で、初耳の方もいるかもしれません。

しかし、産経新聞や女性誌「CLASSY」やオレンジページが発行する「からだの本」や「日経ヘルス」で紹介されるなど、今後もっとも注目を集める食品の一つなんです。

米国タイム誌では、「栄養機能が非常に高い10の食品」に選ばれたほど。

管理栄養士も食べてほしい健康食品なんです。



<GI値は50>
「えん麦」はGI値が50と低インシュリンダイエットに効果的です。

炭水化物などによる血糖値の上昇はインスリンの分泌を促します。

すると、インスリンは糖を肝臓などに貯蔵したり、すぐにエネルギーとして消費したりします。

しかし、あまりにも急激な血糖値の急上昇によりインスリンの過剰分泌を招くと、肝臓の貯蔵タンクはいっぱいになり、エネルギーとしても消費しきれなくなります。

そこで行き場の失った糖は脂肪として蓄積してしまい、太ってしまうのです。

GI値の低い「えん麦」は低インシュリンダイエットに持って来いという訳です。

この効果は炭水化物ダイエット(糖質制限ダイエット)でも期待できます。





<満腹感が持続する>

いくらGI値の低い食品と言っても、食べすぎでは太るだけです。

しかし、「えん麦のちから」には食べ過ぎを防ぐ効果があります。

なんと水に溶けると約8倍にも膨れるので、満腹感が持続しやすいのです。


<粉末タイプなので続けやすい>

ダイエットにおいて「継続は力なり」です。

続けやすいと口コミで人気な理由は、粉末タイプだからだと思います。

どのような料理やレシピにも加えられるので、非常に便利です。

例えば、牛乳やヨーグルトに混ぜたり、味噌汁やスープに入れたり、流行りのスムージーに混ぜてみたり、組み合わせはたくさんあります。

豆腐ハンバーグなどのヘルシーメニューに加えて、さらにカロリーオフのハンバーグとか。

1袋あたり44㎉とありがたいものです。


<やっぱり安い>
いくら効果的と言ってもさすがに数千円ものお金をかけて、サプリメントを購入するのは勇気がいります。

実際に体験してみないかぎり、効果的なのかわからないのですから。

「えん麦のちから」はお試し価格が10袋で500円

しかも、送料無料

管理栄養士としても、「こういうサプリメントがダイエットに良いですよ」と話しても、効果には個人差があるので、大金を払って買うのは勧めたくありません。





以上、炭水化物ダイエット(糖質制限ダイエット)や低インシュリンダイエットに効果的なサプリメントでした。




少しでもお役に立ちましたら、応援クリックお願いいたします


健康ダイエット ブログランキングへ健康食品・サプリメント ブログランキングへ
posted by パッキャオ at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。