管理栄養士のダイエットブログ。食事、運動、口コミで人気のサプリメント > ダイエット中のおすすめ外食メニューの選び方
2015年03月19日

ダイエット中のおすすめ外食メニューの選び方

ダイエット中のおすすめ外食メニューの選び方



ランチや夕食など、ダイエットをしていても付き合いなどで外食に行く事はあると思います。




そこで、ダイエット中の方が外食メニューを選ぶ時の工夫を紹介します。



ファミレス
ファミレスでの食事は定食を選ぶ事がベストです。

定食は必ずサラダや汁物がついてくるのでバランスの良い食事になります。

原型に近く噛みごたえのあるものを選びましょう。

例えば、コロッケやハンバーグよりもステーキやポークソテーなどです。

単品メニューもプラスアルファでサラダや汁物をつければ問題ないです。

また、最近はメニュー表にカロリーが記載されている事があるので、参考にしましょう。

ドリンクバーにも注意が必要で、体を冷やす冷たい飲み物の摂り過ぎには要注意です。

炭酸飲料より紅茶やお茶などを選ぶと、食物繊維や茶カテキンが含まれており、便秘解消やストレス抑制に効果的です。
ファミレス 2.jpg


中華料理
高たんぱくで野菜も一緒に摂れるチンジャオロースや回鍋肉などがお勧めです。

これらも単品メニューならスープやサラダをつけましょう。

中華料理は脂っこいイメージが強くダイエット時には避けがちな食事ですが、体を温めてくれるニンニク、生姜、ねぎなどの薬味がたくさん使われています。

また、料理と一緒にプーアル茶も頼みましょう。

プーアル茶は食事中に飲んでも消化の妨げになることがなく、油分や脂肪分を分解してくれる作用があります。

血中脂肪酸の増大を抑える作用があり、腸の働きを正常にしてくれるため、脂っこい物を食べても消化しやすくなるのです。

プーアル茶.jpg


寿司

寿司は適量に食べればダイエットに向いていると思います。

魚の脂には「DHA」や「EPA」などが含まれており、悪玉コレステロールを抑えてくれたり、中性脂肪を下げてくれたりします。

さらに酢飯は、血糖値を下げる作用や老廃物を除去してくれるのです。

付け合わせのガリは代謝アップも期待できます。

飲み物は温かいお茶や貝汁などにし、体を温めましょう。

避けてほしいのは、回転寿司で見かける「マヨネーズ系」や「酢飯に揚げ物を乗せているもの」です。

これらの脂質は、魚の「DHA」や「EPA」の効果を台無しにしてしまいます。
回転寿司2.jpg


寿司や揚げ物に関してはこちらもの記事もご参考に


フレンチイタリアン
オーダーの際には、コースではなく、アラカルト料理でメニューを組み立てましょう。

脂質の少ない料理を選んだりメインには良質なタンパク質が豊富な肉や魚にしたりすれば、バランスの良いメニューになるでしょう。

その際、スープやサラダをつける事を忘れずに。

スープはカロリーや脂質から考えて、ポタージュ系よりコンソメ系をおすすめします。

どうしてもコース料理を食べる時は、「主食のパン」や「メインのソース」をできるだけ口にしない事を心がけましょう。

コース料理についてくる小さいロールパン1個でも、約80カロリーはあります。

それにバターをつけて二個、三個と食べれば相当なカロリーになります。

食べる場合はバターをつけずに半分や一個だけと決めておきましょう。

また、フランス料理のソースは高カロリーなので、デミグラスソースやタルタルソースなどは残すようにしましょう。
フランス料理.jpg



ダイエット中でも友達の付き合いなどで、外食は避けられない場合がありますので、以上のような工夫を行って、メニュー選びを行うと良いでしょう。



次回は「居酒屋」での外食メニューの選び方をご紹介したいと思います。



タグ:ダイエット
少しでもお役に立ちましたら、応援クリックお願いいたします


健康ダイエット ブログランキングへ健康食品・サプリメント ブログランキングへ
【ダイエットの最新記事】
posted by パッキャオ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。