管理栄養士のダイエットブログ。食事、運動、口コミで人気のサプリメント > 生食や果物を食べて代謝アップダイエット
2015年03月01日

生食や果物を食べて代謝アップダイエット

ダイエットには代謝を上げることが重要です。



代謝を上げると、食事から摂取されたエネルギーや、脂肪の蓄積エネルギーが、燃焼されやすくなりますので、痩せやすい体質になります。



体重計 4.jpg

代謝アップの手助けをしてくれるのが、生食果物です。


また、有名な唐辛子のカプサイシンにも代謝アップ効果が期待できますが、注意してほしい点がありますので後で述べます。



@生食(low food)

代謝を促進する代謝酵素は年を取るとごとに、生成されにくくなります。


その代謝酵素を増やしてくれるのが食物酵素です。


基本的に生食には食物酵素が豊富に含まれてます。


もし加熱されると酵素は約40度以上で効力を失うので食物酵素を摂るには生食が向いているのです。


例えば寿司や刺身、カルパッチョやレバ刺しなどがあげられます。

刺身.jpg


A国内産の果物

果物にも食物酵素が豊富に含まれています。


グレープフルーツやパイナップルなど海外産の果物に含まれる酵素は脂肪を分解する力もあります。


しかし、海外産の果物は、体を冷やす成分が多く、胃腸への刺激が大きすぎます。


これらは原産地によって栄養素が変わるのです。


同じ柑橘類でも、カリフォルニア産の物は紫外線を浴びる量の違いから、日本人には合わず体を冷やしやすいです。


逆に、日本産の温州みかんなどは体を温める酵素が比較的多く含まれています。


ですので日本で摂れた果物をお勧めします。


国産のみかん、リンゴ、キウイなどを食べて代謝アップしましょう。

温州みかん 新.jpg



B唐辛子のカプサイシンの摂り過ぎには注意

唐辛子に含まれるカプサイシンにはダイエット効果がありますが、それ以上に体を冷やす効果の方が強いのです。


よく考えてみると唐辛子を使った料理は気候が暑い国で出されますよね。


唐辛子を食べる⇒一時的に代謝アップ⇒汗をかく⇒汗(水分)が気化⇒体の熱を奪う⇒涼しく感じる


暑い国の方が唐辛子料理を食べるのは涼しくなる為で良いのですが、ダイエットに励む方が過剰摂取すると体を冷やしてしまうので、注意が必要です。


唐辛子料理でお勧めはキムチです。


ニンニクや生姜など代謝を上げる薬味がたくさん入ってるので、カプサイシンの悪い部分を打ち消してくれます。
キムチ.jpg


以上のように生食や果物を食べて代謝アップダイエットに励みましょう。




今回は上げませんでしたが、もちろん生野菜も食物酵素が豊富で代謝促進効果が期待できます。




因みに、カプサイシンとカフェインは私の大学時代の研究テーマだったのですが、別の角度から見ると必ずしもダイエットに向いているとは言えない事を改めて感じました。
前記事で述べた通りやっと「ダイエット人気ブログランキング」に参加しましたので、ポチっと応援よろしくお願いいたします。


タグ:ダイエット
少しでもお役に立ちましたら、応援クリックお願いいたします


健康ダイエット ブログランキングへ健康食品・サプリメント ブログランキングへ
【ダイエットの最新記事】
posted by パッキャオ at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。