管理栄養士のダイエットブログ。食事、運動、口コミで人気のサプリメント > 豚肉や牛肉を食べて痩せるダイエット
2015年02月25日

豚肉や牛肉を食べて痩せるダイエット

ダイエットをしている方は、どうしても豚肉牛肉をさける傾向にあると思います。


豚肉牛肉⇒脂肪⇒太りそうというイメージがあるのではないでしょうか?
ステーキ.jpg

しかし、豚肉や牛肉は適当な量を摂取すればダイエットで脂肪燃焼を助けてくれます。



その理由を説明していきます。


@ダイエットには大切な「カルニチン」

豚肉牛肉には脂肪燃焼効果のある「カルニチン」という成分が含まれています。


人間の脂肪細胞にはミトコンドリアというものがあり、ここで脂肪が燃えます。


「カルニチン」は脂肪をミトコンドリアまで運ぶという働きをする大切なもので、これを摂取しないと脂肪は脂肪のまま蓄積されてしまいます。


「カルニチン」はダイエットサプリメントとして販売されているほど有名です。


「カルニチン」の含有量は、鶏肉<豚肉牛肉<羊肉、の順に多くなっています。


しかし、熱に弱いのでしゃぶしゃぶのようなサッと火を通すような食べ方がお勧めです。


さらに、肉類はタンパク質が豊富で筋肉になりやすいです。


体に筋肉がつくと、基礎代謝が上がり、太りにくい体質になります。


A肉類自体の脂肪(脂身)について

肉類自体に脂肪(脂身)が含まれてるのでは?と考える方もいると思います。


確かに脂肪(脂身)は含まれています。


しかし、肉類の脂肪(脂身)には「アラキドン酸」という脂肪酸が入っていて、脳内の快感神経を刺激し幸福感が生みだす能力があります。


この幸福感が満腹感につながり間食や食べ過ぎを抑えてくれるのです。


赤身の方が脂肪が取り除かれてタンパク質が豊富ですが、神経質になるほど脂身に拘る必要なないと思います。


B具体的な豚肉牛肉の部位と調理法

豚肉
1.豚ヒレ肉:豚肉中で最も脂身が少なく、きめ細かで柔らかな部位です。炒め物に向いています。
2.豚ロース:脂身が多少あるので、しゃぶしゃぶなどに向いています。
3.豚もも薄切り肉:豚赤身を代表する部位で、あらゆる料理にも活用できます。
しゃぶしゃぶ.jpg

牛肉
1.牛ヒレステーキ用肉:脂身が少ない部位。ダイエット中でもガッツリ食べたい方にはお勧めです。
2.牛もも薄切り肉:脂身が少なく、野菜を巻いたり、煮込み料理に使ったり、調理のアレンジ幅広いです。
3.牛もも焼き肉用:ほどよいかみごたえがあり、満足感を底上げ。焼肉だけでなく、チンジャオロースなどにも良いでしょう。
肉巻き.jpg


このようにダイエットで脂肪を落とす為に、豚肉牛肉は重要な役割を果たしてくれます。


最後に今回は鶏肉や羊肉を取り上げませんでした。


鶏肉は高たんぱく低脂肪でダイエット中でも比較的食べやすい、羊肉は比較的馴染みが薄い、という事からあえてダイエット中に避けがちな豚肉牛肉をテーマに選びました。


タグ:ダイエット
少しでもお役に立ちましたら、応援クリックお願いいたします


健康ダイエット ブログランキングへ健康食品・サプリメント ブログランキングへ
【ダイエットの最新記事】
posted by パッキャオ at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。