管理栄養士のダイエットブログ。食事、運動、口コミで人気のサプリメント > レプチン減少によるダイエット停滞期を抜け出す4つの方法
2015年02月20日

レプチン減少によるダイエット停滞期を抜け出す4つの方法


ダイエット停滞期に入るとレプチンというホルモンが減少してしまいます。



そのレプチン減少抑え、停滞期を抜け出す方法を書きます。


レプチンの働きは、次の2つがあります。
・脂肪の燃焼を助けてくれる
・食べ過ぎを抑えてくれる


そもそもレプチンとは脂肪蓄積の際に分泌されるホルモンで、体脂肪が多い方ほどレプチンの分泌が盛んな状態です。


しかし、ダイエットにより体脂肪率が下がってくると、レプチンも減少してきます。


こうして脂肪燃焼が効果的に行われずダイエット停滞期に入ってしまうのです。
3ffd0772d9bfca5d4abd2a7ccf4e41a6_s.jpg


ダイエットに大切なレプチン減少を抑え、効果的に使うには次の4つの方法があります。


@20分以上かけて、ゆっくり食べる

早食いの方は太りやすい体質にあります。それは、上記に書いたような食べ過ぎを抑えるレプチンが動き出す前に食べ終わってしまうからです。


20分はあくまで目安ですが、ゆっくり噛んで食事をすると、レプチンが「満腹だ」と信号を出してくれます。


A食前にお水を飲む
これは気持ちの問題も含みますが、水により少しでもお腹を膨らませておく作戦です。


Bながら食いをしない

ダイエットをする際、テレビを見ながら食事をするのは避けた方が良いでしょう。何かをしながら食べると、いつの間にか食べ終わってしまう事があります。


C睡眠はしっかりとる

食べて寝ると太るから、今日は寝ないという方を聞いたことあります。しかし、睡眠時間が極端に少ないとレプチンの濃度が下がってしまいます。


しかも、睡眠不足は食欲増進作用のあるグレリンというホルモンを分泌させます。


以上の4つを上手く使いこなし、レプチン減少によるダイエット停滞期から抜け出すことをお勧めします。


最後に注意点ですが、体脂肪が多すぎるとレプチンは飽和状態となり、抵抗力をつけてしまいます。すでに、肥満の方(BMI25以上の方)はレプチンどうこうよりも、まず食事バランスと運動である程度、体脂肪を減らすことが大切です。



実は私も現在ダイエット停滞期みたいで、Max時より
体重-2.2kg
体脂肪率-2.4%
ここからなかなか下がりません。
なんとかレプチンを復活させ、体重あと4kg、体脂肪率あと5%は落としたいです。


タグ:ダイエット
少しでもお役に立ちましたら、応援クリックお願いいたします


健康ダイエット ブログランキングへ健康食品・サプリメント ブログランキングへ
【ダイエットの最新記事】
posted by パッキャオ at 18:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど!🎵
Posted by 軍曹 at 2015年02月22日 19:01
軍曹さんへ

コメントありがとうございます。少しでも誰かの為になると書いたかいがあります。
柴田
Posted by 柴田 at 2015年02月22日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。